床下地の作り方、プラ束、下張り


スポンサードリンク

床下地の水平と下張りの手順とポイント

大引、根太編でプラ束を束石と固定するまでをお伝えしました。

糸の張り方とポイント

糸の張り方

根太上に糸を張り、床の水平を確認、調整します。

糸の張り方は、根太上に大引に添って張る、根太に添って張る、どちらでも水平が確認しやすい方にします。

画像の様に、糸を根太上両端にしっかりと引っ張り、固定します。

同じ厚みのベニアや木片を3枚準備し、2枚を両端に挟み、大引上で糸との隙間を確認します。

プラ束の調整と注意点

プラ束の調整と床の水平

糸の高さまでプラ束を調整します。

全てのプラ束を調整した後、大引の反り方によっては、プラ束と大引に隙間が出来る場合があります。
全てのプラ束に荷重が架かる様に調整します。

調整後にプラ束と大引を固定します。

スポンサードリンク

床断熱材を入れる前に!

続いて床断熱材を入れますが、その前に、床下のゴミを取り除いて下さい。
湿気や白アリ誘発になりかねません。

早めの作業で塗ると衣服に付いたり、臭いで頭痛がする事があります。
床断熱材を入れる前が最適です。

床断熱材の入れ方と注意点

床断熱材の入れ方

画像では、床用スタイロフォームを使用しています。
根太材45ミリ、根太のピッチ303(尺)の間に、隙間なくピッタリと納まります。

省エネ基準の改正で床用のグラスウール断熱材の厚みが基準に満たなくなり、スタイロ系が主に使われています。

スタイロフォームはカッターナイフで簡単に切断出来、床全体に隙間なく敷き詰める事が出来ます。

下張り合板を張る注意点

  • 根太の中心で継ぐ
    必ず根太上で継いで下さい。
  • 根太に10センチピッチ程でしっかりとビスや釘で固定する
    ビスと釘の併用をお勧めします
  • 根太の中心に墨を打つ
    ビスや釘を止める記しと共にフローリングの継ぎ手基準にもなります。

まとめ

床下地の水平と下張りが終われば、いよいよ、フローリング仕上げに入ります。

関連の多い今までの参考記事

フローリングをdiyで張る!床下地の作り方、大引、根太編

フローリング床の解体方法と注意点

diyでフローリング床をリフォームする

スポンサードリンク