両面テープの種類と活用法

両面テープの種類と活用法
Pocket

スポンサードリンク

  • 両面テープの種類
  • 両面テープの活用法
  • 両面テープ痕を残さない方法

両面テープと言えば、厚みのある布製のテープ位だった頃は、木質と金属やプラスチックの接着には速乾性の接着剤が使われていました。
速乾性の接着剤は接着する両面に薄く引き伸ばし、適度に乾燥する10分程度待ってから接着する方法でした。

両面テープの種類が増え、作業効率や施工精度も向上されました。

両面テープの種類

両面テープの種類

ホームセンターの両面テープコーナー画像です。
ゴム面の接着、塩化ビニールの接着、アクリル板の接着等に適した種類があります。

防水用両面テープ

画像下段は防水用両面テープです。
防水用は建築中に住宅内部の水回りや外部の水や湿気の多い部分に使用します。
透湿、防水シートのサッシ回りや水切り等、金属部分との接着に利用します。

厚手の両面テープ

画像中段は厚手の両面テープです。
厚手とは言え、1ミリ程度で幅も10~50ミリあり、
diyで利用しやすい汎用性のあるテープです。

多用途両面テープ

画像上段は多用途に使えるタイプです。
合板やベニヤの接着に使える耐候性に優れたアクリルフォームの両面テープです。
耐候性に優れ、屋外でも利用できますが、合板やベニヤをガラスや金属と貼り合わせたい場合に利用できそうです。

スポンサードリンク

両面テープの活用法

粘着力が優れ、両面テープのみで接着する場合と両面テープを仮止めに利用しボンドで固定する併用タイプがあり、活用場所も変わってきます。

ボンド併用タイプ

ボンド併用タイプの両面テープ

ボンドが硬化し接着するまでの仮固定に活用します。

釘やビスを使わず、ボンドで固定する場合は仮押さえが必要です。
キッチンパネルや玄関、トイレの腰パネル、化粧シート合板等に活用できます。

ボンド併用タイプは厚みに弾力があるスポンジタイプで、貼る面に多少の不陸があっても対応でき、固いパネルの接着に適しています。

タイルの上からキッチンパネルを貼る事も可能です。
キッチンパネルの貼り方については改めて紹介します。

両面テープのみで接着する場合の活用法

1ミリにも満たない薄いタイプで幅の種類も多く、工夫次第で活用法は限りなく考えられます。

透明に近い両面テープは透明のガラスやアクリル、ナイロンフィルム等に
薄いタイプはアルミや金属の接着、ポスターや壁紙の接着、障子の貼り替え糊の代用等に
柔らかいタイプは事務用品から家庭雑貨の接着に活用出来ます。

両面テープ痕を残さない方法

強力な接着力の両面テープの活用が増えれば、テープを剥がしたい場合も出てきます。
接着面の黄ばんだ痕が残る場合もあります。

悩み相談で紹介された、家庭でできる両面テープ痕を残さない方法を参考にして下さい。

1*お酢をコットンかキッチンペーパーに浸して、剥がしたい部分に貼り付け、暫く置いておく。
【頑固な場合は、上からラップで覆い被せて乾かないようにする】
暫く置いた後、ゆっくりと剥がして行きます。
もし、まだ粘着力が強いなら、剥がしながらすき間にお酢を一滴づつ垂らして行います。

粘着剤は、貼り付けていた、お酢の付いた物で拭けば落ちます。
もし、粘着剤が取れにくい場合は、下記に移ります。

2*ハンドクリームを指に付けて、コロコロと なぞります。
暫くすると、馴染みこんだ部分から徐々に跡形も残さずに取れてきます。

3*消しゴムでただ擦るだけです、思いの外効果がありますよ。

4*灯油を使って拭きとります。

<*>粘着跡のベタベタには、ハンドクリームはビックリするくらい効果が高いですよ。

<注意>
1,は、湿布して暫く置くと、市販の剥がし剤より、効果が高くなります。
4,も、湿布して暫く置くと、効果が高くなります。

Yahoo!知恵袋 両面テープの剥がし方の解答より

補足:アイロンやドライヤーで温めると更に効果がありますヨ!

お酢には漂白効果もありますので、綺麗になりますが、木部等、吸い込みやすい部分では、かえって目立ってしまう場合も考えられます。

剥がす事を前提に両面テープを使用する場合には、マスキングテープの併用をお勧めします。マスキングテープの種類と特徴を活かした利用法

最後に

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサードリンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIYランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る