diyでフローリング床をリフォームする

Pocket

スポンサードリンク

フローリング床のリフォーム

フローリングリフォーム前

古いフロアー床の特徴

リフォーム前のフロアーと呼ばれる合板の表面に単板を張り合わせた古い床板です。
40年以上前から使われている製品です。

リフォームをしたいフロアー床の場合、床の構造でも紹介した様に、
根太に直接12mmのフロアー合板が釘打ちで貼られている事が多く、
根太のピッチ間の支えが無い部分が湿気や老朽による合板の分離で
フワフワとした感触になっている事が殆どです。

床束が緩み、床全体に浮き沈みがあったり、 根太のシロアリや湿気による腐食で
極端な浮き沈みや、きしみが無い限り、 古い床板を下張りとして二重張りにするのが
最良で簡単な方法です。

最近の住宅の床は二重張りが標準の方法です。

フロアーを貼る前の準備

貼る前に予めの、確認と事前準備が大切です。
リフォーム前の画像で確認してみます。

二重張りにする場合、現状の床より12mm上がります。
上がっても支障がない場合にだけこの方法が可能です。

  • ドアや掃き出し窓の確認
    入口ドアがバリアフリー対応で床との隙間が12mm以上ない場合は
    ドアの調節も必要です。 入口ドアの敷居が12mm以上であればOKです。
    掃き出し窓に接する床も12mmのアルミアングルや
    木製押さえが出来ればOKです。
  • 巾木を外す
    壁と床が接する部分にある60mm~100mm巾の巾木が外せる様であれば、
    外したほうが床が貼りやすく、綺麗に仕上がります。
    但し、巾木の取り付けには幾つかの方法があり、
    入り巾木(壁材より内側にある巾木)は外せません。
    クロス壁の上から貼り付けるビニール巾木は外せても再生が難しいです。
    外せない場合や無理に外すよりは、後付けで新しい巾木の取り付けや
    同色のコーキング材で処理する方法もあります。
  • 根太の位置を確認する
    必ず、根太の位置を確認してケガキ線で位置が分かるようにして下さい。
    根太の位置確認には、フロアーのジョイント部分から303mm(1尺)ピッチで
    印をして、金槌の音で確認するか、ビスを差し、位置を確認して下さい。
  • 床を再固定する
    根太の位置が確認出来れば、ビスや釘で古いフロアー床を固定して下さい。
    かなり、きしみや浮き沈みが無くなるはずです。

フロアーの貼り方

フロアー継ぎ目-2

フロアーの四方には凹凸のジョイント部分があり、不陸を防ぎます。
切断までに部屋の寸法を測り、仮並べとをして全体のイメージを掴んで下さい。

 

フロアー継ぎ目

フロアー継ぎ目が根太の巾の中心になる様に壁からの長さを測り切断します。
各列で継ぐ位置を変えて継ぎ目が目立たない様にします。

 

フロアー釘止め

固定は頭の小さい専用スクリュー釘とボンドを併用して固定します。
ボンドも専用の根太ボンドかウレタンボンドが最適ですが、木工ボンドは床鳴りや浮きが
発生する事があるので、お勧めできません。

貼り終え後の仕上げ

  • 事前準備で外した巾木の取り付け
    上手く外せた場合には元通りに戻せます。
    外せない場合や元通りに戻せない場合には
    新設で旧の巾木の上に取り付けて下さい。
    天井周りに使う30mm~40mmタイプも同色であれば違和感はありません。
    同色のコーキング材で埋める場合にはマスキングテープで、
    はみ出ないように細く目立たないように埋めて下さい。
  • 敷居や額縁周りの隙間を埋める
    マスキングテープで養生をして同色のコーキング材で埋めましょう。
  • 掃き出し窓部分の見切り処理
    木製押さえはフロアーを貼る前の取り付けが必要ですが
    アルミアングルであれば、サッシと同色のアングルに薄い両面テープを
    貼り最後に取り付けが出来ます。

最後に

大工親父のワンポイントアドバイス大工の親父からのワンポイントアドバイス
丸のこと角度定規、手のこがあれば出来る
床リフォームの方法にチャレンジしてみよう!

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • ぽん酢
    • 2014年 11月 25日


    今度の休みにカーペットからフローリングに張り替えをするんです。
    楽しみなんです。
    おじさんのブログで予習してます。

    初DIY*\(^o^)/*

      • 大工の親父
      • 2014年 11月 25日


      ぽん酢さん、しっかり予習して下さい!
      おじさんですか!おやじさんと言って欲しいのですが(笑い)
      自分で頑張れば頑張るほど愛着がわき、
      DIYにハマりますよ!
      分からない事があれば何でもご相談下さい!

        • くろちゃん
        • 2015年 1月 11日


        はじめまして。おやじさん!いきなりですが質問させてもらってもいいですか?団地に住む母が脚が悪い為、同じ団地の3階から1階に引っ越ししたのですが、湿度が高くカビが発生するようで、喘息が出るようになりました。床下に除湿剤を入れてあげたいのですが、板がしっかり貼ってあるそうです。女性でもどうにか一人で板をはづせるものなのでしょうか?何かコツやこの工具で取れるみたいなコツがあったら教えて下さい。よろしくお願いします。

          • 大工の親父
          • 2015年 1月 11日


          くろちゃん、こんにちは!
          ご質問にお応えします。
          団地の築年数にもよりますが、畳下の床板は30センチ程のバール(釘抜き)と金槌で
          抜く事が出来ますが、湿気が多いのであれば、釘が錆びついて折れたり、釘の頭が無くなったりします。
          足の悪いお母さんやDIY経験の無い方には、難しいと思います。
          床板が合板(コンパネ)の場合はなおさらです。
          只、1枚めくれば、全体に除湿剤を入れる事は可能です。
          除湿剤は炭を詰めた座布団状のマットが高価ですが、効果があります。
          畳以外のフローリングやクッションフロアーの床板はリフォーム覚悟でめくらない限り
          現状復帰は困難です。床下収納庫でもあれば、別ですが?
          くろちゃんが行うか、現状を下見してプロに頼むか考えて下さい。
          補足
          古い団地等では、床下だけではなく、冬場の内部結露による湿気も多く、
          閉めきった部屋や、お風呂はカビが多く発生して、不健康になりやすいです。
          寒くても適度な換気が大切です。
          それから、畳の部屋でも、ベッドで寝て下さい。
          喘息に影響する埃やカビが少しは違います。

            • くろちゃん
            • 2015年 1月 11日


            親切なおやじさんへ。
            見ず知らずの私のために大事な時間をさいて返信して頂き、ありがとうございます。とても感謝しています。築20年以上は経っています。ちなみにDIY経験ほぼ無しです。こないだ三段ボックスを手伝ってもらいやっと作ったくらいです。(笑)やはり私には厳しそうです。おやじさんの言われる通りプロの方にお願いする方法か他の除湿の方法も色々と検討したいと思います。

            • 大工の親父
            • 2015年 1月 11日


            優しいくろちゃんへ!
            お母さんのために、出来る限りの事をしてあげて下さい。
            くろちゃんの想いは、お母さんに伝わり、元気になられると願っています。
            又、何かあればご相談下さい!

    • もも
    • 2015年 10月 19日


    大工のおやじさま

    突然の質問ですみません。

    先日使っていなかった二階の荷物を全て撤去し畳も撤去しました。本間6畳が2部屋あります。
    そこで、自分でフローリングにしようかな、と思っているのですが、女性のため根太の木はなんとか二階にあげられますがコンパネを二階まであげる自信がありません。
    そこで、ホームセンターで売っている、檜のすのこをひきつめて、その上からフローリングをはろうと思うのですが、やはり、ちゃんと荒床を作ったほうがいいでしょうか?畳をとった床はしっかりしています。

      • 大工の親父
      • 2015年 10月 20日


      ももさんへ
      大工の親父です!

      檜のすのこをひきつめる発想は新しく面白いです!
      現実的には可能です。床の構造次第では、根太も省略できる可能性があります。
      畳下床に打たれている釘の下が根太や梁、小根太と呼ぶ部分ですが、釘のピッチで推測できます。
      釘のピッチが300~400であれば根太入り、それ以上であれば梁、小根太式と思われます。

      畳厚が55~60の場合、すのこの根太も含む、すのこの厚みが45前後あれば根太なしも可能です。
      すのこ根太を下地根太と直角になるようにする。

      根太を入れる場合、下地根太と直角に入れ、すのこの根太を入れた根太に当たらないよう工夫する。
      フローリング12,すのこ12~15、根太30~35=60

      すのこが荒床になりますので、がたつきがない方法を選んで下さい。
      まだ疑問があれば、相談して下さい!

        • もも
        • 2015年 10月 22日


        大工の親父さま

        早速のお返事ありがとうございます!!
        注意点もすごく詳しく書いていただきとても嬉しいです。
        測ってみた感じでは根太なしでもいけそうな感じです。いくつかのスノコを置いて行くことになるので、ガタつきの点が私も気になるので色々工夫しながらやっていきたいと思います。
        またわからなくなったりしたときは、相談させてください!
        女性でもやれそうな気がしてきたので、すごく希望が出てきました。ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサードリンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIYランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る