たかがすのこ、されどすのこ活用12選!屋外編

ホームセンターすのこ
Pocket


ホームセンターに色々なサイズの、すのこが陳列されていますが、そのまま利用する押入れの床や土間に敷く以外にも工夫をすれば、活用法は沢山あります。

2種類のサイズの、すのこを作成して、活用法を紹介します。

自分に合った活用法を見つけ、すのこ作品に挑戦しましょう!

スポンサードリンク

すのこの特徴と作成

シンプルすのこすのこは桧や杉、その他の板材を隙間を開けて裏残に釘打ちした、昔からあるシンプルな木工製品です。

通気性が良いので湿気を防ぐ場所に使われていました。

シンプルですが強度もあり様々な利用が考えられます。

12mm前後の厚み、9cm前後の幅の板材と3cm前後の裏残を釘やビスで止めれば完成です。

電気カンナ等で加工できれば自由なサイズが可能ですが、ホームセンターの加工済み板材を利用したり、完成品を切断して利用も可能です。

すのこの活用屋外編

1例にすぎませんが、参考にご覧下さい。

(1)フェンスのリニューアル

すのこフェンス縦

 

古くなった鋼製フェンスやアルミフェンスに取付ければ、フェンスのリニューアルになり、雰囲気も大きく変えられます。

 

屋外で使用する場合はキシラデコール等の屋外木部専用塗料を塗って木肌を活かしながら、好みの色にすれば雰囲気が一新されます。

 

 

すのこフェンス横

 

縦でも横でも好みに応じて取付け可能です。

横にすれば、バンキングバスケットでお好みの花や植物も飾れます。

 

ベランダの格子にも取付できます。

賃貸住宅でも、元のフェンスそのままに、自分だけのリニューアルが可能です。

 

(2)犬小屋を作る

愛犬ヴェル

我が家の室外犬 ヴェル

 

犬のほとんどが、寒さに強く、暑さに弱いのですが、特に毛の長い、ラブラトール・レトリバーは見た目も暑さに弱く感じられ、桧のすのこで大型 犬小屋を作り、快適に過ごしていました。

 

桧のすのこには、通気性と抗菌効果があり、湿気も少なく、匂いも付きにくく犬小屋に最適の素材です。

 

残念ながらヴェルも亡くなり、犬小屋も取り壊しましたが、すのこの六面体と骨組み構造を合わせれば完成ですし、すのこの角部分に裏桟を追加すれば、すのこだけの犬小屋も可能です。

 

(3)プランターの化粧枠からは次ページ2をご覧下さい!

Pocket

ページ:

1

2
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサードリンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIYランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る