集じん丸のこ、集じん機用逆勝手丸のこの使い方

集じん機用逆勝手丸のこ
Pocket

DIY,日曜大工で木材や合板以外の新建材と呼ぶボードやパネルを使ってDIYリフォームをやりたい方に綺麗な切断と切り屑やホコリ、チリの拡散を防げる、集じん丸のこや集じん機に接続して使う逆勝手丸のこを紹介します。

スポンサードリンク

集じん丸のこ

集じん丸のこは、のこ刃から出る、切り屑やホコリ、チリを貯める集じんBOXが付いた丸のこです。

集じん丸のこ

集じん丸のこの使い方

小型の丸のこで刃が10cm、切り厚も26mmですので、ボードやパネル向きですが、

木工用の刃に交換すれば、ベニア板や針葉樹合板、板材の加工にも利用できます。

室内作業やホコリを出したくない場合に最適です。

新建材の切断を通常の丸のこで切る事はお勧めできません。

集じん機用逆勝手丸のこ

集じん機用逆勝手丸のこは小型集じん機とセットで使用する集じん丸のこで、

集じん機の吸引力が加わって、より多くの粉じんを集じん出来ます。

 

逆勝手丸のことは

逆勝手丸のことは、モーター部分が一般の電動丸のこと反対の右側にある為、

切込み部分がよく見え、確認しながらの切断が可能です。

補助道具の定規を使っての切断向きです。

 

集塵タイプ、逆勝手丸のこ

集じん機用逆勝手丸のこの使い方

刃径10cm、12.5cmタイプがあり切り厚も27mm、40mmまで可能です。

逆勝手や集じん機のホースが継るので、バランスが悪く、作業台の上での切断作業向きです。

 

石膏ボードやケイカル板のまとめ切りも出来、切断面も綺麗で作業効率と仕上がりで

手作業とは格段の差が出ます。

 

専用丸のこ刃も木工用チップソー、石膏ボード用、サイディング用、キッチンパネル用等

用途に応じた刃の種類も豊富にあり使い分ければ広範囲に利用できます。

特にキッチンパネルの様な硬質系建材の切断には無くてはならない電動工具です。

 

小型集じん機の特徴

小型集塵機

 

小型集じん機は集じん機用逆勝手丸のことセットで使用する集じん機ですが

ホースの長さが5mと長く集じん機単独で掃除機としても利用できます。

 

ホース、モーター、集じん袋と着脱出来、軽量で移動もスムーズです。

但し、ホース径が家庭用掃除機と同じ太さで長い事から、切り屑等が詰まりやすく、

粉じん目的の使用がベストです。

 

集じん機能が付いていないディスクグラインダーやベルトサンダー使用時に

吸い口を近づけるだけでも効果があります。

 

大工親父のワンポイントアドバイス大工の親父からのワンポイントアドバイス
電動丸のこや集じん丸のこで化粧合板を切断する場合
必ず、裏面を上にして切ると、刃の回転による荒れも無く、
化粧面が綺麗に切れるよ!

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • おおつき
    • 2013年 10月 31日


    DIYで2×4材をよく切りますが、気になるのは粉塵と通常の丸ノコの刃先の見づらさです。
    その二つを解決してくれるのが逆勝手の集塵丸ノコかなと思うのですが。
    刃のサイズが125だと2×4も切れそうです。逆勝手ですと切った物が左側に落ちると思いますが
    何か注意点はありますでしょうか。

      • 大工の親父
      • 2013年 11月 02日


      おおつきさん、大工の親父です。
      逆勝手丸のこでも切れ端材は右側になります。
      その為に切断面が見やすくなっています。
      2×4材の切断には定規を使った通常の丸のこか
      卓上丸のこの方が使いやすく正確に切断できると思います。
      逆勝手丸のこでも切れなくは無いですが、
      主に薄板用に小型で便利です。

        • おおつき
        • 2013年 11月 21日


        お返事が遅くなりました。ありがとうございます。
        父が鳶をやっていた影響で自分で物を作りたくて仕方ありません。
        我が家は新築して数年経ちますが、工作物を作っては壊して楽しんでいます。
        父の時代とは違い、ネジと電動工具があれば手軽にできるようになりました。
        丸ノコはいくつか買いましたが2x4を扱うのがほとんどでしたので
        松下のDIYコードレス丸ノコ110mmをよく使ってきましたが、最近バッテリーの
        パワー不足を感じてきました。私は生まれつき肘関節が人より曲がらないので
        楽な道具を探してきました。そして小型の逆勝手というのがあるのを知ったばかりです。

        大工の親父さんのアドバイスをいろいろ考え、物も見てみて、やはり右勝手のほうが
        自然な作業ができると判断しました。新建材を切るわけでも無いので、145mm位の日立のプロ機を検討中です。
        今までのはすべてベースが鉄製でしたので、今回はアルミベースで微調整ができるものが良いなと思います。丸ノコはキックバックで危ない目に遭いました。なめてかかってはいけないと痛感しました。あれから丸ノコが少し怖くなっています。
        明日は庭に出てソーホースを作り、簡易作業台の作成です。
        ホームページ大変参考にしています。ありがとうございます。

          • 大工の親父
          • 2013年 11月 21日


          おおつきさん、いつもコメントありがとうございます。
          大工の親父です。
          おおつきさんの、DIY好きコメントを微笑ましく拝見しています。
          最近の丸ノコは殆んどアルミダイキャストになり、ベースの狂いや反りが無くなり、正確な角度と切断が可能になりました。
          それを補うのがアルミフリーアングル定規や作業台です。
          作業台で切断端材が落ちない、同一面にすれば安全で正確、作品の出来栄えも良くなります。
          いずれ、丸ノコを安全に使いこなす2回目の記事をアップする予定です。
          怪我の無いように頑張って下さい。

            • おおつき
            • 2013年 12月 11日


            アドバイスありがとうございます。切断端材がノコ刃を変形させてキックバックが起きるのですね。下にスタイルフォームなどを引いてやってみます。マルノコ自体はマキタの古いものとカインズホームセンターで安く出ていた日立の7インチを主に使っています。最近安い三共コーポレーションというところの165mmの物はアルミベースはいいのですが、最初から刃先がぶれるので合板がまっすぐ切れずメーカーに送り返しました。直ってくるか疑問ですが。やはり有名メーカーの製品はしっかりできています。それから卓上マルノコも安物ですが買ってみました。なんと楽に切れるのでしょうか。感激しています。合板などを切るときはマルノコ、2×4の横挽きは卓上マルノコ、2×4縦挽きはジグソーかマルノコにしています。本当は左勝手のマルノコで右から左に切りたかったのですが物が入手できませんでした。アメリカ製のDewalt,Skil,それにマキタでもウォームギヤの重めのマルノコがでています、縦挽きにやりやすそうなのですが、アマゾンで検討までしましたが、電圧と周波数の問題があって断念しました。いろいろ電動工具も楽しんで安全に使っていきます。しかし合板を切るときはいつもどうしても体制がきつくていやになってきます。板上に乗って切っている大工さんもいるようです。私の理想は左勝手の刃先を見ながら腕を伸ばして右から左に送りながら、左手で板を支えて切りたいです。

    • おおつき
    • 2013年 11月 05日


    お返事ありがとうございます。
    サイズが190、165の物と松下製DIY用の110の物を過去10年位、使用してきましたが不注意からキックバックで2回ほど飛ばしてしまいました。怪我はなかったのですがあまりのスピードに驚きました。コンパネを長手方向に切っていくときどうしても体がマルノコから離れてしまい、刃の右側の刃先が見えないのでいい加減に平行定規だけに頼ってしまいます。そしてまっすぐに切れていないこともありました。まるのこの使い方は難しいです。アメリカの動画では逆勝手のマルノコで作業しているのを見まして、使いやすそうだなと思いました。切れたものは右側に落ちるのですか。最近ボッシュの18Vバッテリーの工具のシリーズに逆勝手のまるのこが出ています。同シリーズのドリルドライバーを購入したのでそのマルノコでもいいかなと考えています。
    大工の親父さんのサイトは知ったばかりですがいろいろなアドバイスが参考になります。電動工具は安全第一で使って生きたいと思います。ちなみにマルノコとマルノコスタンドで2x4を1800ほど縦に切るのは大変でしょうか。木材を送るのに専用のレバーみたいなもものを作って刃先に注意してやってみようと計画しています。

      • おおつき
      • 2013年 12月 11日


      お返事がだぶって投稿してしまいました。左勝手マルノコに未だに執着しています。日立の7インチマルノコの型遅れ品とスタンドがありますが恐怖心がありましてなかなか使えずにいます。最近ボッシュのジグソーを購入しまして、それで2x4の縦挽きをしようとしています。振動の少ないジグソーで落ち着いて作業ができそうです。いつも読んでいただき有難うございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサードリンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIYランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る