受け皿用鰹節削り器-3


スポンサードリンク

受け皿用鰹節削り器の作り方

受け皿用鰹節削り器-2

作り方と言っても画像を見て想像が付くと思いますが、とてもシンプルな構成です。

カンナ台を裏返して置く、カンナ置き台です。

本節を削る際に縦方向に力が加わりますので、シンプルでも板の接合には緩みが出来ないようにビス締めにしています。

底板と縦板との継なぎ部分が緩まない様にするのがポイントです。

カンナ置き台部分

カンナ置き台部分は、横ブレしない様、小型ミゾキリでL型に加工してあります。

カンナ置き台部分-2

別の木片で補足しても同じ効果です。

受け皿用鰹節削り器

お皿を載せて完成です。

お店でも、お客様の前でオシャレなお皿と料理に削り節を直接降りかければ、なお美味しく頂けると思いませんか!

3種類の鰹節削り器作品のまとめ

引き出し付鰹節削り器

DIY上級者で電動工具、カンナ仕上げのできる方や、挑戦したい方向きです。
作品は小さいですが技術の詰まった作品です。

高級木箱作成の参考にして下さい。

 

 

釘止め木箱の鰹節削り器

比較的簡単に作れるので、家庭で削り節を削りたい方向きです。
道具箱、工具箱、玩具箱作成等の参考にして下さい。

 

 

 

受け皿用鰹節削り器

手軽に作れ、利用できるので削り節を体験してみたい方向きです。
料理店の方も手作りの鰹節削り器の参考にして下さい。

 

 

最後に

鰹節削り器作品の製作を開始する当初から3種類もの作品を作る予定ではありませんでしたが、作る過程で作品の難易度や利用頻度を考えると新たなアイデアが浮かび、作品えと繋がります。

考えるだけでなく、手を動かして行動に移す事で新たなヒントや改良点が見つかります。
どんな作品も慣れる事で上手くなり、楽しさも増していきます。

スポンサードリンク