小屋や物置に使用する波板の種類と貼り方

ポリカ波板
Pocket


スポンサードリンク

波板の種類

亜鉛めっき鋼板(トタン)

古くからあるグレーやこげ茶色の亜鉛めっき鋼板(トタン)ですが、最近では焼付塗装で
錆の発生も少なくなり工場や倉庫等に広く使われています。

塩化ビニール製(塩ビ)

塩ビ)波板の劣化

価格も安く、柔らかく柔軟性があり、小屋や物置に使われてきました。
日曜大工にも使い易い波板です。

使用する釘も鉄釘にプラスチックの傘がついた傘釘が使われる事が多かったため
プラスチックは硬化して無くなり、釘は錆て、下地まで腐食が進んでいる事が多くあります。

小屋や物置の屋根への使用はお奨め出来ません。

ポリカーボネート(ポリカ)

ポリカ波板シール

広く使われているのがポリカ波板です。

半透明の波板の片面にシートが貼られているので、シート面を太陽の当たらない側にする
必要があります。片面に目印のシールが貼られていますが、切断する際には注意が必要です。

カラーは半透明でクリアー、ブロンズ、グレー、ブルー等があります。
乳白色や梨地のタイプは透けて見えにくいので小屋や物置の壁に適しています。

 

スポンサードリンク

波板の貼り方

波板すくいと被せ

万能的に使えるポリカ波板で貼り方を説明します。

波板には画像のように、端が波の谷底と山の部分になっています。
俗に端が波の谷底部分を被せ、山の部分をすくいと表現しています。

屋根にポリカ波板を貼る

波板用ステンレス傘釘

木下地の場合はステンレス傘釘を使用します。
山の頂点に山がへこまない程度まで打ち込みます。

ポリカ波板は半透明で内部が明るいのですが、物置などで陽射しを抑えたい場合には
亜鉛めっき鋼板(トタン)と併用する事も可能ですが、トタンの波ピッチとポリカ波板の
波ピッチが違う場合の縦継ぎには注意が必要です。

壁コーナー部分の修め方、終い方

壁に波板を貼る場合、コーナー(角)部分の修め方、終い方にも幾つかの方法が考えられます

コーナーで貼り終え、コーナー鉄板を被せる
この方法は加工も容易で雨の染みこみもありませんが別途、コーナー鉄板が必要な事と
鉄板のカラーが雰囲気を損ねる場合もあります。

コーナー部分を被せで重ねる
被せ部分を角よりはみ出し気味に貼り、互いの被せを重ね気味にして雨の染みこみを防ぐ
すべてのコーナーを被せで重ねる事は無理なので、目立つコーナーか重要なコーナーにする。

波板の山部分で直角に折り曲げて貼る
1ヶ所のコーナー部分は貼れますが、すべてのコーナーに上手く山部分が合うとは限りません。

コーナー部分が4ヶ所あればコーナー鉄板
2ヶ所であれば折り曲げか、被せで重ねる方法が考えられます。

波板の切断方法

波板切断道具

波板の切断や加工にはハサミやのこぎり、サンダーを波板の種類や用途で使い分けます。

画像は左から鉄板用万能ハサミ、ステンレスも切れる万能ハサミ、波板形状に合った
波板ハサミ、カネキリノコ、目の細かい手のこ、金属刃のサンダーです。

最後に

関連の多い今までの参考記事

アルミテラス屋根の波板を留めるフックの種類と張る注意点

Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • たまち
    • 2015年 5月 12日


    こんばんは。
    とても参考になる説明です。近々物置の屋根を直す計画があります。
    屋根部はトタン?アルミ?波板で、物置の背面に向かって低くなっていて、雨水受けがあります。その雨水受けの片方錆び落ちてしまい、雨受けはお隣さん側なので、今は一時的に針金で片方だけ留めて何とか迷惑を掛けずにしております。

    屋根のトタンかアルミ波形部分と雨水受けの間の屋根は、手で触ればボロボロと落ちてしまう状態です。屋根に登ったら多分抜けますね(笑)。屋根を留めているネジとボルト部分は皆錆びており、場所によってグラグラしており、叩けば屋根は崩れると思います。物置の前面背面両側面は全く問題がないのに…。

    台風が接近しているので、明日にとはいきませんが、多々疑問があります。

    屋根を砕き、取り払った場合、ネジが刺さっているであろう部分もアルミか何やらで出来ていると思います。ポリカを屋根に使用した時、その穴を使い留められるのか。そして、雨水受けも切り取るかして外した場合、その部分は何で補えばいいのか。知恵を御貸しいただければ幸いです。

      • 大工の親父
      • 2015年 5月 18日


      たまちさんへ!
      内容から推測して、イナバやヨドコウのスチール製物置と推測できます。
      波板(トタン)がフックボルト止めであれば、ポリカ波板とフックの交換で済みます。
      ※フックボルトは物置内部から確認出来ます。

      雨水受け(樋)は内樋のため、腐食した物置が殆どです。
      壁面で切り落とし、壁面に鉄板ビス(タッピングビス)を使って
      樋受けを止め、横樋、竪樋を取り付けるのがベストです!
      物置の屋根面積が不明ですが、雨量も多くないので細めの樋で充分です。

      更に別の方法として壁面周囲に木(40×90)前後を貼り付け、
      垂木、横桟を止め、ポリカを貼る方法です。
      波板以外の劣化の程度で考えて下さい。

      未だ、疑問点があればご相談下さい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサードリンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIYランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る