墨つぼの種類


スポンサードリンク

墨つぼの種類と使い方

墨つぼの種類

墨つぼは昔から変わらない便利な大工道具ですが、DIY,日曜大工でも、広く利用出来ます。

墨つぼは真綿に墨を入れ、手動で巻く糸に墨をにじませ、糸を弾く事で直線を描いたり、墨さしと呼ぶ、竹で作った筆で木材にケガキ線や基準線を描く為に利用します。

画像の右はケヤキの墨つぼで鶴亀の木彫り入りですが、大工道具の中で重要な役目を果たし、長く丈夫な住まいを願い縁起の良い鶴亀が彫られています。

画像の中央は木彫りを模写したプラスチック製で丈夫なため通常はこれを使用しています。

最近は銅製の墨さしもありますが、竹の硬さと好みに応じた調整が容易な為、広く利用されています。

画像の左は近年の墨壷で墨を弾く事が主な目的で加工全般に利用します。
糸の巻き取りもバネのリール式で手軽でDIY,日曜大工向きです。

糸墨の弾き方

パーフェクト墨つぼ

糸の先端にある、軽子と呼ぶ針を部材に差し、糸を張った状態で、部材と直角に持ち上げて放します。

ベニア板等で仮打ちして、水分量、何度弾いても一直線になる要領を覚えてください。

糸墨の種類と使い方

墨にも種類があり、通常使用する墨汁の黒以外に朱つぼと呼ぶ朱液を入れ黒では見えづらい場合や丸太のケガキ線や基準線を描く為に利用します。

昔から有る朱液は拭き取りが可能で床柱や磨き丸太等の化粧材に使われます。

色つきのチョークの粉を使うチョーク糸もあります。
太めの糸で下地材の位置表示やカラー鉄板に利用されます。

 

大工親父のワンポイントアドバイス大工の親父からのワンポイントアドバイス
墨つぼがあれば、合板や板の加工に便利に使えるよ!

スポンサードリンク