小屋の詳細図とタル木掛けの作り方

タル木掛け
Pocket


スポンサードリンク

小屋の詳細図

小屋詳細図

物置や物干しに利用される事が多い、家の壁から屋根を出す小屋の詳細図です。

中間は省略し、主要部分だけをピックアップしています。
屋根勾配は3寸勾配、10センチで3センチ下がります。
屋根にはポリカ波板等を使うため、2寸~3寸の勾配が最適です。

赤文字がタル木掛けで、タル木を受け、屋根を支える部材です。
4,0~4,5センチ×10,0~12,0センチの材料を使います。
壁内部の柱や間柱にビスで固定します。

タル木掛けを予め屋根勾配に加工しておけば、正確に位置出しも行えます。

タル木掛けの電動丸ノコを使った作り方

タル木掛けの作り方

タル木掛けに使う材料の側面に勾配墨を印します。
45ミリ幅、3寸勾配で13.5ミリ下がります。

タル木掛けの作り方-2

くせがねを使って角度を合わせます。
角度が狂わない様に注意して固定します。

スポンサードリンク

タル木掛けの作り方-3

電動丸ノコの前後にある、丸ノコ盤の角度調整ネジを緩め、くせがねの角度に
丸ノコ盤と刃の角度を合わせ、しっかりと固定します。

タル木掛けの作り方-4

電動丸ノコを後方から見た画像です。

タル木掛けの作り方-5

丸ノコ定規を使い、タル木掛け材料の幅に固定します。
タル木掛け材料が動かない様、固定をしたり押えながら切断して行きます。

電動丸ノコ刃の善し悪しで切れ味も変わりますが、煙が出る程であれば、
中止して、丸ノコ刃を新しい刃に取り替えて下さい。

関連の多い今までの参考記事

電動丸ノコ、定規(ガイド)の使い方と工夫

大工親父のワンポイントアドバイス大工の親父からのワンポイントアドバイス
くせがねを使って角度を合わせれば
タル木掛け以外の角度のある加工にも応用できるヨ!

ツイートツイート
Pocket

スポンサードリンク

関連記事

コメント


  1. こんばんわ

    初めまして。
    素人ですが、時間があるとDIYを細々とやっている者です。
    基本的なことは全く解らず、今回「作ってみたい」と思った物があったのですが、道具も技術も追いつかず、行き詰ってしまいました。

    元々、「作る」とゆう行為が大好きですので、自分なりに考え、作ってみたりしているのですが、やっぱりちゃんとした知識と技術も覚えなければ・・・そんな気持ちで、このサイトに辿り着きました。

    参考にさせてもらいたく、コメントした次第です。
    勉強させてください。

      • 大工の親父
      • 2013年 5月 11日


      情熱犬陸さん
      コメントありがとうございます。

      当サイトはプロの立場からDIY好きの方の参考になればと思い立ち上げたサイトですので、
      どなたにでも、理解できるよう画像と図面で解説しているつもりですが、
      訪問者の技量や持ち道具によって同じ作品でも理解度、完成度の違いがあるかと思います。

      DIYの広範囲な需要と作品には未だまだ記事量が足りませんが
      具体的に持ち道具の範囲内での希望作品を伝えていただければ、
      注意点や施工手順を、記事としてアップさせて頂きます。

      どんな質問や疑問、作品についてもお伝え下さい!
      お待ちしています!


      • 親父様

        返信頂きまして恐縮です。
        今、制作してるのは「センターテーブル」とゆうものです。
        我が家は、地元の「地主さん」が沢山居る地域で、立派な家が立ち並んでますが、庭の木を伐採している家も沢山あります。

        間伐・剪定された「神が宿る木」を処分してしまうのが勿体無いと感じて、原木を使って命を継続できないか?・・・と、考えて原木を利用して「家具」を作りたいんです。

        一度、当ブログに掲載して見ますので、掲載しましたら改めて「お招き」させてください。

        家具って、感性が重要ですよね!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

スポンサード・リンク

自己紹介

大工の親父の自己紹介画像DIY大好き!
大工の親父(古川)です。

誰にでも分かる日曜大工の基本を、現役大工(プロ)がアドバイスを交えてお伝えします。

DIY ブログランキング

「あなたの1クリックが、記事更新の励みです!」


手作り・DIY ブログランキングへ

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る